加熱式たばことは

加熱式たばこ(HNB)たばこ製品とは
  • 加熱式たばこ(HNB)たばこは、たばこ製品の一種です。ニコチンなどの化学物質を含むエアロゾルは、たばこ棒を約350℃の高温で(燃焼させるのではなく)加熱することにより、電子機器から生成されます。

  • 従来の紙巻たばこと同じように、たばこはHNBたばこ製品の主成分です。そのため、これらの製品にはニコチンが含まれており、中毒性があります。

  • HNBたばこはたばこ製品であるため、未成年者への販売は犯罪です。関連する法律は、販売および使用に関して準拠する必要があります。

  • HNBたばこ製品は、流行りで害の少ないものとして販売されています。たばこ業界は、従来のたばことは異なる名前を使用して、一般の人々の害に対する意識を減らし、若者を引き付けています。

 
健康リスク
  • たばこ会社は、HNBたばこ製品は、従来のたばこよりも毒素の放出が少なく、害も少ないと主張しています。COSHは、そのような主張は、喫煙に関連する健康上のリスクを軽視することを目的とした宣伝戦術であると考えています。

  • HNBタバコ製品を試さないでください。現段階でのHNBたばこ製品に関する実証研究は限られていますが、たばこ製品の長期的な健康への影響を過小評価してはなりません。

  • 世界保健機関(WHO)によると、HNBたばこ製品を含め、あらゆる形態のたばこ使用は有害です。タバコは本質的に毒性があり、自然な形でも発がん性物質を含んでいます。

  • 毒素や発がん性物質の中には、安全なレベルがなく、人間の健康に害を及ぼすものがあります。

  • 現在、これらの化学物質への曝露の減少が、HNBタバコ製品からの間接喫煙の潜在的な健康への影響だけでなく、人間のリスクの減少につながることを示唆する証拠は不十分です。

  • ヨーロッパの研究によると、HNBタバコには、ニコチン、揮発性有機化合物(VOC)、一酸化炭素(CO)、発がん性多環芳香族炭化水素(PAH)など、従来の紙巻きタバコに一般的に見られる化学物質が含まれています。


さまざまな国の規制
  • HNBたばこ製品に対する規制は国によって異なります。多くの国が、既存のたばこ規制法の枠組みの下でたばこ製品を規制しています。

  • 一部の国と地域(シンガポールやマカオなど)では、HNBたばこ製品の販売と販売促進を禁止しています。

  • WHOは、HNBたばこ製品は、他のすべてのたばこ製品に適用される方針および規制措置に従うことを推奨しています。

  • HNBたばこ製品の使用と間接喫煙に関連する潜在的な健康リスクを防ぎ、HNB製品が若者の喫煙への入り口になるのを防ぐために、COSHはHNBたばこ製品の禁止をできるだけ早く実施することを提案します。

{chat_with_us}